レプティリアン DNA

このサイトのホームへ

遺伝子

 異星人たちが地球の創造神たちのもと地球の人間を創ったときの染色体は、コードが組み込まれた光を通す細い糸の芯と、12本の平行な染色体の 螺旋(らせん) 1対、そして23番め、24番めの染色体から成っていました。
DNAの2重螺旋だけでなく、染色体も螺旋を成していたのです。
 ところが30万年前、他の創造神たちとの闘争に勝った、レプティリアンの創造神が地球を占拠したとき、アヌンナキの一部のグループは人間が自分たちと同じ能力を身につけ、権力を奪ってしまうのを恐れて、20本の染色体を20対 (= 40本) に切断し、光を通す糸もバラバラにしてしまったのです。
 残ったのは生存と生殖に必要な第1対、第2対、23番め、24番めだけです。他は発現はしますが、本来の機能はしていません。
その後、人間は自分が多次元存在であることを忘れ、霊性を忘れて五感だけに頼る存在にになってしまったのです。


 そのうえ、無意識に蛇を嫌うようにしました。
龍蛇型の異星人で、人間を救いたいと思っている種族とコンタクトさせないためです。


 そのうえ、アヌンナキが肉体を持っていた時代に自分たちの遺伝子を地球人に植えつけてしまいました。


 このときから地球は隔離され、アセンションが近い1987年までポータルが開放されることはありませんでした。
 それでも、時間-空間の裂け目をぬって不法に侵入してくる異星人がいます。


 それからは地球を中心として太陽系全域が、落ちたエネルギーを引きつける磁力の場になりました。


 今地球を支配しているのは、地球の創造神たちではなく、レプティリアンの創造神です。
 したがって宗教もまた、元来の姿ではなく、アヌンナキ、レプティアンが捏造したものや改竄した宗教が地球にはびこっています。
宗教が支配的で、父権社会的なのがその証拠です。現に宗教の多くは保守的、権威主義で、独自の考え、解釈をする人間は排斥、あるいは罵倒されます。
 しかし、宗教には真理が含まれていることを忘れないでください。




 今は精妙な光の波動が宇宙のあちこちから地球に注がれ、染色体が元に戻りつつあります。
シーズンの変わり目であるこの数年は、意志の力で自分の染色体を変更しやすいチャンスです。
 (染色体が復元されるときには、コードが組み込まれた光を通す細い糸が芯になって、
第1対に第2対がそれぞれ1本ずつ平行し、
切断された20対が接合して1本ずつ20本に再生されて、
そのうちの10本は第1対のうちの1本に平行し、他の10本は第1対のうち他の1本に平行します。
最後には、12本の平行な染色体が巻きついたもの1対に変化し、23番、24番染色体とともに機能します。)
 ようするにDNAが復元されることになります。




■エイズに関する「ストレッカー・メモ」...より

 私たちはDNA中に64種類のコドンを持っていますが、普通の人間はこれらのコドンのうち20種類だけが機能しています。それ以外ではプログラミングの開始と停止に関与する 3つを除いて、すべて不活性か不稼働です。
 しかし、2006年、UCLAの博士たちが診た AIDS(エイズ) 患者の男の子には24種類のコドンが機能していました。
ほかにも同じ状態の子供を見つけましたが、その子も同じように AIDS(エイズ) から脱し、同じく24種類のコドンが活性化して、 AIDS(エイズ) やその他の病気に対して免疫を持つようになっていました。そして、こういう例がいまや世界人口の 1%がこの変異を通過したであろうと見なしています。つまり、いまや5,500万人の子供たちと大人たちが、すでにDNA上の定義からすると人間とは呼べないものになっているというのです。
今この変異をしている人々は相当たくさんいるので、博士たちは新人類がこの時代に生まれつつあると考えています。



レプティリアン DNA